2011年1月5日水曜日

学校の掃除を業者に?

中学生がTwitterで発言したものが話題になったそうな。
ふむふむ。なるほどね。言わんとしていることはわかった(気がする)。

この手の話題に対して、思考停止状態で反射的に回答すると
「教育の一環」や「ともかく学校の指示」なのだからおとなしく従え
と言った感じになってしまうが、これは良くないのかもしれない。

では、違う方面から考えてみようと思う。

まず掃除するのはどうしてか?
  1.衛生的な理由
  2.綺麗な方が気持ち良い

うん、この中学生が言うようにやはりこの2点かと私も思う。
で、生徒が(というか素人が)行うよりも
その道のプロである清掃業者に委託した方が
より衛生的で、より綺麗になるのは確かな話だろう。

可能ならば(また他に理由がないならば)清掃業者を利用するべきだろうが
残念ながらそうはいかない。

何故ならば、業者を雇う以上は別途コストが発生してしまうのですよ。
で、このコストはどうするか?

 ・学校の運用予算から捻出する?
   「生徒に掃除させる」ということで納得している学校側や決裁承認者を
   納得させることができれば可能だが、他の予算が削られることを
   認識する必要がある
   
 ・追加予算を出させる?
   同上(まぁ承認者が変わってくるとか差はあるだろうけど)
   
 ・掃除費(仮)を生徒の家庭から徴収する
   生徒の親御が納得すれば...
   だが給食費すらまともに支払われない現状では実質機能しないのでは?
 
また「他の理由」が2つ私はあると考える。
 
 1.「多人数による協力作業」という学習効果
   基本的に勉強は一人だけで行うものなのだが
   こういった作業はチーム(おそらく場所ごと)で作業分担し、
   決められた時間内にチームとしての成果を出さなければならない。
    → 他にあっても、学習機会の損失には違いない
    → もちろん不真面目な者をどうするか、チームでの対策が必要
 
 2.施設利用に対する対価
   学校施設というものを利用させてもらっているのだから
   その対価として学校を掃除するという考え
   
ってな感じで、ではまた~
・・・と、言いますかブログの事を完全に忘れてたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿